色々話

気になる情報を集めてみましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年の新語・流行語大賞、「ネットカフェ難民」がトップテン入り
INTERNET Watch
候補語60語の中にはインターネット関連では「炎上」「闇サイト」「ネットカフェ難民」がノミネートされていたが、このうちネットカフェ難民がトップテンに入った。 ...(続きを読む)


ネットカフェ、「寝る」の利用者増加傾向
オリコン
住まいを持たない人や家出少年少女がここで寝泊りすることを表す「ネットカフェ難民」という言葉が、今年の流行語大賞にノミネートされているが、単純に終電を逃した人 ...(続きを読む)


2007年の「新語・流行語大賞」が発表
エキサイト
「ビクトリー/ビリーズブートキャンプ」、「がばい(旋風)」、「別に・・・」、「ルー語」「カワユス/ギザカワユス」、「炎上」「ネットカフェ難民」などの60語。 ...(続きを読む)


共産が衆院選1、2区見送り 3区瀬戸氏出馬へ
佐賀新聞
初の国政挑戦となる瀬戸氏は県委員会で記者会見し、ワーキングプアやネットカフェ難民の問題など、「若者にひずみが集中している」と指摘。「政治に国民の声が届いてい ...(続きを読む)


「竹中元総務相と親密」のエム・クルー
しんぶん赤旗
ネットカフェ難民や帰る自宅のないフリーターが同社の『宿泊施設』を利用すると千八百円引かれ、手取りは五千四百円以下になる。請負だというが実態は派遣で、建設業は ...(続きを読む)



検索ランキング2007 @infoseek
候補語60語の中にはインターネット関連では「炎上」「闇サイト」「ネットカフェ難民」がノミネートされていたが、このうちネットカフェ難民がトップテンに入った。 大賞は、「ハニカミ王子」(アマチュアゴルフの石川遼選手)と「(宮崎県を)どげんか ...(続きを読む)


来年の流行語
ネットカフェ難民=受賞者:「ネットカフェ難民」の著者・川崎昌平さん 大食い=受賞者:タレント・ギャル曽根さん 猛暑日=受賞者:熊谷市直実商店会会長・瀧沢寧和さん. さて、私のまわりにいる若者とオジサンで、簡単に調査しました。 ...(続きを読む)


2007年ユーキャン新語・流行語大賞が決定
ネットカフェ難民川崎昌平(「ネットカフェ難民」著者). 働いてはいるものの、事情によりネットカフェに寝泊まりする人たちがネットカフェ難民として報道された。日本複合カフェ協会では「難民」という言葉の使用を控えることを求める緊急アピールを発表 ...(続きを読む)


流行語大賞は「どげんかせんといかん」「ハニカミ王子」
(お笑い芸人、小島よしおさん)▽鈍感力(作家、渡辺淳一さん)▽どんだけぇ~(美容家、IKKOさん)▽ネットカフェ難民(「ネットカフェ難民」著者、川崎昌平さん)▽猛暑日(埼玉県熊谷市直実商店会) (2007/12/3 毎日新聞)(続きを読む)


流行語大賞 「どげんかせんといかん」と「ハニカミ王子」
(お笑い芸人、小島よしおさん)▽鈍感力(作家、渡辺淳一さん)▽どんだけぇ〜(美容家、IKKOさん)▽ネットカフェ難民(「ネットカフェ難民」著者、川崎昌平さん)▽猛暑日(埼玉県熊谷市直実商店会)【杉本修作】 ◆美容関連の無料のレポート情報 ...(続きを読む)


やっぱり生活保護は廃止せよ!
日本の生活保護支給額は世界トップレベルの高さ。これを世界標準まで下げその代わり今より多くの人に支給すべき。ホームレスがこんなにいるのはおかしいだろ。ネットカフェ難民もおかしい。こういう人たちに広く浅く渡すのが生活保護であるべき。 ...(続きを読む)


Trendiest Expressions of 2007
ネットカフェ難民 (net cafe nanmin) are the net cafe "refugees" who, in spite of having work, are forced to spend their nights in Internet cafe booths as the cannot afford to rent or buy a house or apartment. ...(続きを読む)


ワーキングプア
... でもなかなか思うように就職出来ない若者は・・・・・家を失ってネットカフェ難民になったり、日雇いでその日をしのぎつつ就職の機会を探している・・・・・でも中には面接を受けに行く賃金すら捻出するのがむずかしいケースもあるそうで・・・・ ...(続きを読む)


どげんかせんといかん
あとは「ネットカフェ難民」とか。 実際ネットカフェで一泊したら、その快適さにヤラレてしまいました、僕。 いっそネットカフェ通勤してやろうかと本気で思っている今日この頃です。 さぁそんな流行語大賞が発表されるというのはもう本格的に年の瀬。 ...(続きを読む)


川崎昌平「ネットカフェ難民―ドキュメント『最底辺生活』」
が、一方で「ドキュメント」部分に関しては、実家もしっかりある芸術家が、若さに任せて気まぐれにネットカフェ難民やってみましたー、といった風情が抜けず、どうも緊張感が感じられなくて、しまらない。(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。