色々話

気になる情報を集めてみましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成田空港、正月三が日過ぎてもまだまだ芸能人出国ラッシュ
成田空港は4日、正月三が日に仕事を一段落させた芸能人の出国ラッシュとなった。 歌舞伎俳優の中村勘三郎(52)は夫人の好江さん(48)とともに現れ、「香港経由でネパールに行ってきます。プライベ</(続きを読む)


小加倉年中行事(正月行事−小正月ノ一)
臼起し 正月十四日には、筵の上においていた鍬や臼を起こした。何も唱えごとはなく、ただ元の位置に戻すのみ。ひびの入ってしまった「カミサンの飾り餅」は水餅にした。現在は正月七日に起こしている。(続きを読む)


正月行事『どんど焼き』準備体験会
12月2日(日)に郡山市多田野の中村和夫さんの田んぼにて、『どんど焼き』準備体験会を開催いたします。正月の伝統行事である『どんど焼き』の準備を郡山市多田野上町の「やじろべえ」の指導で行います。手作りランチ、白鳥鑑賞も楽しみます。 ...(続きを読む)


正月の行事
小正月 元日を中心にした大正月に対して、. 十五日を中心とした正月行事のことを小正月という。 小正月には五穀豊穣を願う農耕の予祝的行事が多く見られる。 農業を営む人々にとって、太陽の運行と同時に月の満ち欠けも大切なもので、 ...(続きを読む)


小加倉年中行事(正月行事−正月ノ九)
初入り(常楽寺でのもてなし) 正月十日は、常楽寺の檀家のうち、小加倉地区のものだけが常楽寺でもてなされた。現在はやっていないが、他地区の檀家あもてなされていないので、なぜか、と過去帳を調べてみても載っていないのでわからなかったそうである ...(続きを読む)


日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心
が、完全なるおじいちゃん・おばあちゃん子のおいらにも知らないことが、わかっていないことがたくさん載っていました。 いつからなのでしょう。 日本人が日本人の行事を忘れてしまったのは。 正月行事・年中行事・結婚・葬式……。 日.(続きを読む)


小加倉年中行事(正月行事−小正月ノ三)
正月十五日 稲藁でエビを作って家の荒神様に供える家がある。 三方に載せていた米を炊いて食べる。 ヤクジンサママイリ 正月十五日には唐津市湊の湊八坂神社(通称:厄神社)に参拝していた。 ◎全国開運神社仏閣ガイド 『湊八坂神社』 ※出典: フリー百科 ...(続きを読む)



出雲大社で正月行事の「吉兆さん」
MSN産経ニュース
島根県出雲市大社町の出雲大社で3日、正月の伝統行事「吉兆(きっちょう)さん」が行われ、地元13町内会の住民らが家内安全や、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願っ ...(続きを読む)


5家族12人が「御崎参り」対馬の正月行事
読売新聞
対馬市上対馬町豊で2日、家内安全や無病息災などを願う江戸時代末からの正月行事「御崎(おさき)参り」が行われ、地区の5家族12人が、神社など11か所を巡った。 ...(続きを読む)


「1年間幸せに」如来に祈る 村山で正月行事「藁一束」
山形新聞
村山市大倉地域の中沢地区で2日朝、子どもたちが雪で固めた阿弥陀(あみだ)如来像を持って各家を回り、家内安全や無病息災を祈る正月行事「藁(わら)一束」が行われ ...(続きを読む)


赤々炎に幸祈る
三陸河北新報
どんと祭は小正月行事として十四日に行う地方が県内では多い。石巻市内では新生活運動の関係などで、一九七〇年代ごろから七日が主流になったという。(続きを読む)


無病息災願い 諏訪で児童ら繭玉づくり
長野日報
子どもたちに、繭玉の作り方や諏訪地方の小正月行事を教えた三村宏司さん(73)=同市北真志野=は「伝統文化を後世に伝えていきたい」と話していた。(続きを読む)


鬼火たき
RKK熊本放送
今年一年間の無病息災や農作物の豊作を願う正月行事の「鬼火たき」が、今朝早く、上益城郡山都町でありました。 山都町二瀬本の宮ノ下地区では、夜明け前の午前6時 ...(続きを読む)


毛利家の正月飾り展示 防府市の毛利博物館 甲冑や太刀など
西日本新聞
また、国重要文化財「毛利氏正月佳例書」は、連歌会など元日から13日までの正月行事が記されている。江戸後期の掛け布団「夜着」は、新年企画展では初公開。 ...(続きを読む)


手作り和だこ、舞い上がれ! 宮津で行事
京都新聞
思い思いの絵が描かれた手製の和だこでのたこ揚げが5日、京都府宮津市国分の府立丹後郷土資料館であり、府北部の親子ら約30人が昔ながらの正月行事を楽しんだ。 ...(続きを読む)


五穀豊穣願いお田打ち 三嶋大社
静岡新聞 (会員登録)
五穀豊穣(ほうじょう)を願う三嶋大社(三島市大宮町)の正月行事で県無形文化財の「お田打ち神事」が7日、大社舞殿で奉納され、大勢の参拝客が神事を見守った。 ...(続きを読む)


無病息災祈りさいの神、新潟
新潟日報
住民と児童らが一緒に無病息災や交通安全を祈る小正月行事「さいの神」が5日、新潟市西区の笠木小学校(甲斐年史校長)で行われた。さいの神には、児童がわら束を編 ...(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。